ピラティス

最近、呼吸がうまく出来ていないと訴える方が
増えています。

パーソナルトレーニングやピラティスをしていると
クライアントの身体の状態がよくわかる。

脊柱(背骨)は首から腰まで24個の椎骨で形成されている。
横からみた状態でS時のカーブが身体の負担を軽減しています。

ピラティスのエクササイズをしていくうちに
自然な背骨の自然なカーブを取り戻されるのがわかる。


前回は「呼吸について」でしたが・・・

今回は「背骨のニュートラルについて」です。


1、まずマットの上で仰向けで膝を立てます。

2、お尻、肩甲骨、頭(一番出っ張ったところ)をマットにそっと置く

3、目線は天井に向ける(きつい場合は枕を使う)

4、呼吸は基本、鼻から吸って、口から吐く(口はろうそくの火をけすようにする)

このニュートラルにすることで、身体のストレスを軽減し快適な身体づくりを目指します。


もしピラティスについてのご相談は・・・

monta-marin@kyj.biglobe.ne.jpまでお気軽にどうぞ!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック